FC2ブログ

職場復帰

202007230526521ed.png


 共に争議を闘ってきた仲間の教員が今年度から職場復帰しました。
指導力不足というレッテルを貼られ約5年間闘ってきました。本人はこの5年間ずっと不安であったと言っていました。
「教壇に戻って、こどもの笑顔を見たい」という思いが強く最後まで諦めませんでした。その結果、晴れて教壇に戻ることが出来て自信に満ちた表情で報告集会の挨拶をしました。
闘う労働者は勇気づけられ最後まで諦めないことが大切だと感じました。
本人と勝ち取る会の支援者、弁護団が一体となり勝ち取った争議でした。
スポンサーサイト



雇用延長差別裁判不当判決

201910250532109dc.jpeg

判決後の報告集会

京王電鉄らに違法な雇用延長差別を免罪した不当判決に対する声明

2019年10月24日、東京高等裁判所民事第14部(後藤博裁判長)は、定年後の控訴人ら3名に対する雇用延長差別を容認し控訴人らのバス運転士としての労働契約上の地位を認めないばかりか損害賠償請求も認めない判決を下した。労働者の働く権利をないがしろにする不当判決であり断固として抗議する。
本件は入社以来30年前後にわたってバス運転士として働いてきた控訴人ら3名について定年後、希望するバス運転士の仕事を取り上げひたすらバス車両の清掃業務に従事させ賃金も生活秩序以下の著しい低額で定年前の年収の30%以下とする酷い扱いに対して控訴人らがバス運転士(継匠社員)としての地位確認と損害賠償の支払いを求めて提訴した事件である。
このように控訴人ら3名に対する扱いについて判決は「高齢者等の職業の安定その他福祉の増進を図る」ことをかかげた高年齢者雇用安定法の趣旨に反する不合理な差別であることを看過しその違法性を否定した。とりわけ本件において会社は旧高年法のもとで定年後継続する雇用をバス運転士としていたものを2012年に同法が改正されて希望者全員の義務付けられるようになるとひたすらバス車両の清掃業務に従事させる再雇用社員制度を設け、控訴人らに適用したものであるがこのような著しい不合理も容認してしまった。理不尽極まりない判決である。
しかも本件の雇用延長差別はバス関連支部(以下「京王新労組」)の現職の執行委員長と中心的な活動を担ってきた控訴人ら3名に対する不当労働行為であり組合としては労働委員会に救済を申し立てて係争中であるが、控訴人らは本訴においても不当労働行為による違法行為として争ってきた。京王新労は、2001年に京王電鉄と連合労組が合意した大幅な労働条件変更を伴うバス部門分社化に反対して結成された労働組合であり、会社から様々な組織破壊、差別攻撃を受けている。会社の業務引き継ぎ文書においては組合員に対する差別的な査定を継続するよう指示したり、組合員について「許されるなら中央線の線路に突き落としてください」と記載するなど会社は徹底して京王新労を敵視している。しかるに判決は本件の雇用延長差別について不当労働行為と認めず地位確認はもとより慰謝料の支払いも退けた。原判決はこの点においても到底容認できるものではない。
我々は本判決の見直しを求めて上告するとともに控訴人らをバス運転士として復職させ京王新労に対する不当労働行為をやめさせるために闘うものであり会社に対して争議を全面解決するよう強く求める。

第19回定期大会

20191014050018078.jpeg


10月13日国分寺労政会館に於いて第19回定期大会が開かれました。
ご来賓の皆さまから激励のあいさつをいただき活動報告、運動方針案を提起しました。代議員から様々な意見があり論じ合いました。

役員選挙、スト権批准投票が行われ賛成多数で可決されました。

201910140500327f9.jpeg


2019年度争議解決、労働条件の改善に向けて団結して取り組みます。
今後もご支援よろしくお願いします。

9.19東京地評争議支援総行動

東京地評争議支援総行動

京王電鉄本社前宣伝

2019091909514151a.jpeg




20190919095154dc9.jpeg


20190919095207159.jpeg


20190919095218ee8.jpeg


京王新労組執行委員長による争議全面解決の決意表明。

48名の支援者が京王電鉄本社前に集まりました。ご支援ありがとうございました。

建交労都本部第22回定期大会


都内某所において建交労第22回定期大会が開催されてバス関連支部から代議員として参加しました。

20190909003126496.jpeg


日本共産党参議院議員の山添拓さんが来賓の挨拶で長時間労働が問題視されている特に交通産業について今後も徹底追求していくということを述べられました。

201909090046549cb.jpeg


京王新労組書記長が争議全面解決して労働者、国民が安心して暮らせる社会を作りに繋げたいと訴えました。

20190909005616938.jpeg


争議団紹介であいさつする京王新労組執行委員長。


来年度の提案は満場一致で可決され共に奮闘することとしました。